スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

1/2000 旧日本海軍 戦艦大和 & 武蔵

久方ぶりのブログです。

すっかり、最近はミニカーより食玩模型にハマっております。
いやー、今の食玩(ガム入りの彩色済み模型)って凄いですね^^;

プラモデルではないけど、そこそこ技術が求められるミニチュア模型といったところかな^^
プラモデルに至っては35年ぶりくらいに作るワクワク感、しかし老眼でパーツがみえんじゃないか!!^^;

さて、この手の食玩ですが500円で5年以上前からシリーズとしてコンビニやスーパーでも売ってたらしいけど、まったく知りませんでした^^

「艦これ」なるゲームも昨年夏頃に知り、日本の海軍艦艇がモデル化されてるということでしたが「どうせ、ガムのおまけ」と舐めてかかってました。
ところが、ビックリするくらいの精密感、パーツは少ないんですが時代考証もシッカリしていて1/2000という超極小玩具としては驚異的な再現性!!
世界最大の戦艦大和でさへ、全長約12cmという小ささ。

そうなってくると、元が良い出来なだけに塗装とカスタムをフルに施し、さらなる完成度を追求したくなるってもの。

オークション等で約30隻の艦艇を就役させましたので、順次アップしていきたいと思います。
とは言っても、5年以上前からのシリーズなので周回遅れもいいところですが・・・^^;

一発目は、やっぱり世界最大最強の超弩級戦艦大和&武蔵からいきましょう。
戦争は二度とやってはいけませんが、本物の大和は見てみたかったですね〜。

零戦にも言えるんですが、機能美と言うんでしょうか、芸術的とも思える大和の美しさは正に「浮かべる黒鉄の城」、対する米軍の戦艦が電子戦をイメージさせるレーダー等が強調される直線基調のデザインがある意味近代的な印象です。

大和と武蔵は、文句無しに世界一の戦艦ですね^^v

大和1 大和2
大和3 大和4

3隻作りましたが、対空砲がハリネズミ状態で艦尾のクレーンの塔状のものがないのが「天一号作戦」、つまり沖縄へ向かう最期の戦いの時の大和。

他の2隻は1944年、レイテ沖海戦時の大和と武蔵です。

この食玩模型は、「F-toys」というお菓子メーカーのフルタから独立して立ち上げた会社が企画してる商品らしいですね。

たくさんの方がブログ等に作品をアップされてます、それだけ出色の出来だと思います。

ちなみに一発目の大和&武蔵は手の入れどころがほとんどなく、唯一、コスト面で限界だったと思われる大和型特有のマストのみ0.3mmの真鍮線で製作しました^^(写真で見るより0.3mm真鍮線って細いです)

色は元からライトグレー×エンジで彩色されてるのですが、せっかくなので進水してから海水に浸食され、戦闘のイメージを演出するためすべて塗り直し、サビやオイル等の汚れを加え(いわゆるスミ入れ&ウォッシングというやつ)サイズを感じさせない重厚感やリアル感にチャレンジしました^^

いやいや、凄いな日本の食玩は!!B4ボード上に30隻の連合艦隊が乗っちゃいます、小さいのにリアル感がたまらん!!

空母も凄いです、こっちも思い切り力が入り徹底的にディテールアップしました^^;

先日、シリーズ・ラストの「呉空襲編」(これだけリアルタイムで購入^^;)で終わり、とのことですが、まだまだ人気のあるモデル化されてない日本艦艇もありますし、米艦艇や独艦艇もあります。

F-toysさん、宜しくお願いします!!!

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村
23:38 | 模型 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。