スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

DENON DCD-1700 & DCD-1650AL

DENON DCD-1700
dcd1700.jpg

1986年発売のデンオン(あえてデノンとは書きません)のマニア向けに作られた中~上級モデル。
発売と同時に博多の実家のリビングに導入され現在も稼働中。
音作りは上品でゆったりとおおらかな印象、クラシック等に向いている感じがします。
プリメインアンプがサンスイAU-α907i、スピーカーがダイヤトーンDS-1000HRという組み合わせなので各々の性格を考えるとバランスのとれた上手い構成ではないかと自負しています。
唯一、気になっていたのはトレーの出し入れ等すべての反応が遅いことです。
まあ音楽くらいはそんなにせっかちにならんと、ノンビリ聴けよってことでしょうか。

DENON DCD-1650AL
dcd1650al.jpg

1995年に登場以来、我が家のCDの座をそれまでのケンウッドDP-990Dから譲り受けたデンオンの名機1650シリーズのアルファプロセッサー搭載第一弾モデル。
この「AL」から1650はセンタートレーになり高級感がさらにアップしました。
CDプレーヤーにおいて確固たる地位を築いたデンオンだけに音質は一級品。
上記のDCD-1700に通じるスケールの大きな表現力に磨きをかけ、さらに様々な音楽ジャンルに対応する幅も身に付けたスキのないプレーヤーです。
アンプのサンスイAU-α607MRとの相性も良く、元気に鳴るコーラルDX-THREE/IIをコントロールしています。



スポンサーサイト
21:52 | オーディオ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
JAGUAR XKSS | top | Alfa Spider 2006

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://adkanchan.blog68.fc2.com/tb.php/61-f9c9172f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。