スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

R32 GT-R Gr.A CALSONIC その1

kyosho R32 SKYLINE GT-R
1 001
kyosho R32 SKYLINE GT-R ボンネットオープン
1 002
hpi R32 SKYLINE GT-R
1 003
hpi R32 SKYLINE GT-R & kyosho R32 SKYLINE GT-R
1 004

京商製R32 GT-Rとhpi製R32 GT-Rの「定番中の定番CALSONIC」勝負!
京商が少しだけ早くリリースしたR32は、店頭からアッという間に完売にて姿を消しました。同時発売のTAISANモデルも同様に完売。
ボクは何とかCALSONICのみ手に入れることができましたがミニカーそのものの出来の方はと言えば、hpi製が登場するまでは「ゲットできたこと」に満足ってところでしょうか。
京商は何故かエンジン・ギミックにこだわり、このモデルもRB26DETTを再現。
そういう意味ではボンネットオープン時のほうがカッコイイかも・・・。
そして大本命hpiの登場!京商がロードカーモデルのカラーチェンジのみでGr.Aモデルを表現したのに対しhpiは徹底的にリアリティを追求。
サスペンションイメージにも手を加え、キャンバー角までも再現するというこだわりよう。
最近、新規金型で参入してきたエブロでさえ最後発にもかかわらずhpiの前では「欠点」しか見えてこない有様。
そのくらいhpiのモデルの完成度は素晴らしい。
個人的な好みとしては「美しいオートアート」「究極のhpi」と言ったところか。
ホントに眺めてるだけで幸せになるなあ・・・hpi。
というわけでhpiの圧勝、京商ガンバレ!




スポンサーサイト
03:26 | kyosho | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
R32 GT-R Gr.A CALSONIC その2 | top | R32 GT-R Gr.A TAISAN & HKS

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://adkanchan.blog68.fc2.com/tb.php/4-306658cc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。