スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

1/2000 最後の希望! 戦艦大和 vs 米艦載機386機

今回も1/2000スケール、F-toysの超極小食玩模型の艦船です。

選択、構成したのは、世界最大最強の戦艦大和、最期の戦いである「坊ノ岬沖海戦」に参戦した艦艇。

1/2000スケールの「戦艦大和・最終時」「軽巡洋艦矢矧」「駆逐艦雪風・磯風」です。
⚫︎「戦艦大和・最終時」 約12cm
⚫︎「軽巡洋艦矢矧」 約 8cm
⚫︎「駆逐艦雪風・磯風」 約 6cm

戦艦大和 軽巡洋艦矢矧 駆逐艦雪風
大和a 大和c 大和b
軽巡洋艦矢矧
大和g 大和i
大和h
駆逐艦雪風 駆逐艦磯風
大和d
軽巡洋艦矢矧 駆逐艦雪風 駆逐艦磯風
大和f

毎度のごとく、F-toysさんのモデリングに感動、再塗装・ウェザリング・マスト・電探等を改造。
駆逐艦に至っては6cmという小ささ、煙突への配管等を追加しましたが、(老眼で)もう見えません^^

矢矧も僅か8cmですが、よく出来てて感心しました。
そう考えると、やはり大和は大きいですね、まさに「海に聳える黒鉄の城」美しい。

ところで、実際の「坊ノ岬沖」での戦いですが、直掩機の護衛のない状況下、大和へ襲いかかる米空母13隻の大艦隊から発進した386機の艦載機との戦いが、悲壮的かつ絶望的であったことは想像に難くありません。

一方、全力で大和を護ろうと盾になり、猛烈な爆撃と雷撃を受けながらも最後の最後まで対空戦を戦った軽巡矢矧や駆逐艦の奮闘も凄まじい。
逃げ場のない洋上での戦闘は、考えるだけでも恐ろしい地獄絵だったことだろう。

もう二度とこのような悲劇が起きないことを願いたい。

そんなこんなで、今日はこのへんでm(_ _)m

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
01:17 | 模型 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
| top | 1/2000 呉空襲 力尽きた連合艦隊

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://adkanchan.blog68.fc2.com/tb.php/258-fc498e80
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。