スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

YAMAHA MT-09 デザイン賞 受賞

早いもので今年も、もう桜の季節^^
とはいえ、我が家ではいろいろと大変なことが山積状態でクタビレっぱなし^^;

さて、2014年イッパツ目は「やっぱりヤマハのオートバイ」のデザインについて^^

技術力のみならず強力なデザイン力こそヤマハ車の魅力、ということを知らしめるニュース!!
YAMAHA MT-09
mt-09.jpg

(以下、WEB オートバイより引用)

欧州向けスポーツモデル「MT-09」
世界的なデザイン賞「Red Dot アワード」を受賞


 ヤマハ発動機株式会社のスポーツモデル「MT-09」が、このたび、世界的に権威あるデザイン賞「Red Dot(レッドドット)アワード: プロダクトデザイン2014」を受賞しました。今年2 月に受賞した「iF デザインアワード」に続く、2 つ目のデザイン賞受賞となります。
 「Red Dot アワード」は、ドイツの「Design Zentrum Nordrhein Westfalen(ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター)」主催による世界的な格式の高いデザイン賞で、プロダクトデザイン、コミュニケーションデザイン、デザインコンセプトの3 部門で、毎年卓越したデザイン性をもつ製品が選定されています。2014 年度は、世界53 ヵ国 約1,800 の企業やデザイナーから合計4,815 点の応募があり、この中で当社の「MT-09」は「プロダクトデザイン」部門で同賞を受賞しました。
 2013 年9 月から欧州を中心に販売している「MT-09」は、<ライダーのスロットル操作に対し、リニアなトルクを創出すること>を求める “クロスプレーンコンセプト”に基づいて開発した新設計エンジンを搭載。日常の速度域で乗り手の意思とシンクロする“意のままに操れる走りの悦び”を提唱したモデルです。
 マスフォワードシルエットによる自由に操れる軽快感、どんな方向にも動きやすい“塊”を連想させるマス集中感など、ネイキッドとスーパーモタードをハイブリッドさせた“異種混合”のデザインが特徴です。
 なお、2014 年4 月10 日から日本国内でも発売します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
タンク周りのボリューム感に比してシート、テールにかけての処理はオフロードやモタードのようなデザイン。
さりげなくも個性溢れる仕上げは、やはりヤマハ車ならでは。

出来れば「MT-04」あたりの中免仕様で出して欲しいところ^^;

「ハーレーもどき」だの何だの言われてた「ボルト」、やっぱり売れてます。
理由は「デザインがクール」だからとのこと、さすがヤマハ!!!
スポンサーサイト
13:27 | デザイン | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ドイツ車って素敵過ぎる | top | ORIENT レトロフューチャー・モダンシリーズ CAMERA MODEL

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://adkanchan.blog68.fc2.com/tb.php/246-113a808c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。