スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ポール・スミス アナデジ ワールドタイム

ここにきて秋らしいというか、随分と涼しくなってきました^^
ただ、今年の台風は発生数や規模など、かなり猛烈ですので進路にあたる場合は要注意ですね。

さて、今回は随分前のポール・スミスのアナログ&デジタル複合タイプのワールドタイム・クロノグラフです。

ボクの中では、ポール・スミスの腕時計というと洗練されたポップで上品なデザインをイメージしますが、このモデルはカラーリングこそブラック/レッド/グリーンとお洒落な色調ですが本体のボリューム感はド迫力、ステンレスの塊という「腕時計界のバトルタンク」って表現がピッタリです。

とにかく重い!分厚い!サイズはケースの直径がリューズを含まず約43mm、厚さにいたっては15mm、そして重さは今使ってるスマホより重い約150gと超弩級です。

画像 あ

さらに驚きなのは、そのワールドタイムがゆえの複雑過ぎる超多機能ぶり。
これまた分厚い取扱い説明書が付属していますが、まったく使いこなせません。
3つのボタンとリューズで操作するんですが、とくにデジタル側のセッティングがどうしたものか未だに理解できません、というか使うのヤメました。

ムーブメント自体は安心のMade In Japan「世界のシチズン」製なので問題ないものですが、何のためにこんな使い勝手の悪い時計を作っちゃったのか不思議です。

そんなこんなでボクは一度も使ったことがありません、つまり実用性ゼロの「大物」って感じでしょうか。
でもコレクターさんにとっては、案外稀少モデルなのかもしれません^^
スポンサーサイト
18:33 | 腕時計 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ORIENT レトロフューチャー・モダンシリーズ CAMERA MODEL | top | GKのスゴさ!RZ & XJ & TOKYO2020そしてキッコーマン

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://adkanchan.blog68.fc2.com/tb.php/245-b00f8e25
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。