スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

GKのスゴさ!RZ & XJ & TOKYO2020そしてキッコーマン

先日、招致に沸いた2020年東京五輪。
一方で、被災地、とくに福島原発の問題について連日メディアが騒いでいますが、何とか2020年までには収束し無事に平和の祭典を開催してもらいたいですね。

さて、今回もデザイン・ネタですが「GKデザイン」について^^

以前にも記しましたが、ボクはバイクにおいて大の「ヤマハ党」です。
そのヤマハ車のデザインを手掛けてきたのがGKインダストリアル・デザイン(現GKグループ)。

世間では「技術のホンダ」「芸術のヤマハ」「男のカワサキ」「変態のスズキ」と形容されているくらい、ヤマハ車のデザインは、他メーカーと一線を画してきました。

かくいうボクがデザインを生業にするキッカケになったのが、1980年頃に登場した「RZ250」を見たときでした。
「これぞオートバイ」という無駄のない、いかにも速そうなスタイルに衝撃を受けたことを今でも覚えています。

RZ250
1980_RZ250.jpg

そして400ccの「XJ400D」、大ヒット・マルチエンジンのXJ400のスペシャル・バージョンで流麗なティア・ドロップタンクや4本出しクリフカット・マフラーなど洗練されたスタイリッシュなフォルム、たまりません^^

XJ400D
1981_XJ400D.jpg

おまけ:ボクが乗ってたアメリカンXV Virago、20年以上前のモデルですが美しいデザイン^^ピッカピカ♪
XV250Virago
1994xv250a.jpg

そして、今回一番取り上げたい、ビックリしたデザインは、コレ!
tokyo2020.png

「TOKYO2020招致ロゴ」デザイン。
この桜の花をモチーフにした優しい印象の素敵なデザインは、コンペにおいてアートディレクターの佐藤可士和さんらの審査の結果選ばれた作品で、制作者は女子美術大の学生さんだったとか。

ただ最初からこの完成度だったわけでなく、選考後、GKデザインの監修ディレクションを経て、最終的にその学生さんの手で仕上げられたとのこと。

GKは、インダストリアル・デザインのイメージが強かったので意外だったのですが、日本デザイン界の頂点に君臨する会社は、いまやグラフィック・デザインにおいても強力な影響力を持っているんですね。

それにしても、この選ばれた学生さんは、いきなりスゴい人達とスゴい仕事をし貴重な経験をしましたね〜、今後が楽しみなクリエイターの卵の誕生ですね♪

もういっちょ、オマケ
キッコーマン

日本人なら誰もが見たことがあるであろうキッコーマン醤油の容器デザインもGKの作品、その完成度の高さゆえ1951年頃に発表されてから一切修正されることもなく現在も店頭に並ぶ名作。




スポンサーサイト
20:34 | デザイン | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ポール・スミス アナデジ ワールドタイム | top | 祝!東京オリンピック・パラリンピック TOKYO 2020

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://adkanchan.blog68.fc2.com/tb.php/244-b2fb03cf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。