スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

CALSONIC SKYLINE GT-R JGTC 2002

CALSONIC SKYLINE GT-R JGTC 2002
r34 004
CALSONIC SKYLINE GT-R JGTC 2002
r34 005
CALSONIC SKYLINE GT-R JGTC 2002
r34 006
CALSONIC SKYLINE GT-R JGTC 2002
r34 007
CALSONIC SKYLINE GT-R JGTC 2002
r34 008
CALSONIC SKYLINE GT-R JGTC 2002
r34 009
CALSONIC SKYLINE GT-R JGTC 2002
r34 010
CALSONIC SKYLINE GT-R JGTC 2002
r34x 020
CALSONIC SKYLINE GT-R JGTC 2002
r34x 018

CALSONIC SKYLINE GT-R R34 JGTC 2002のご登場。
伝統のカルソニック・ブルーを身に纏い、栄光のゼッケン#12が映える最後のスカイラインGT-R R34。
この2002年のJGTC スカイラインGT-Rは「伝統の直6エンジン」最後の年として、そして星野一義にとっては引退のシーズンとファンの記憶に残ることとなりました。
さてさて、ミニカーについてはエブロ製のP-4特注のレジン製モデルです。
これは再販なんでしょうか?こういうモデルって「やっと手に入れた」方たちからすれば、再販ってのはガッカリなんでしょうね、メーカーさんからすれば「出せば売れる」と分かってるモデルですから・・・複雑です。
出来に関してですが、大変良く出来てます。
ちょっと前のR33シリーズの時のモッサリ感や違和感はなく、さすがレジン製のボディ再現って感じでキレ、シャープ感など見事に再現されてます。
最近、エブロに関しては少々疑念を持って製品を見てしまうのですが、このR34 GT-Rシリーズはバッチリです・・・と思ったら固定の台座の「SKYLINE」が「SKYLNE」に、「I」の文字が抜けてました。
ま、これはご愛嬌ってことで仕方ない・・・か?
XANAVI GT-Rとのツーショットはシビれますねぇ(*o*)


スポンサーサイト
10:32 | EBBRO | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
XANAVI NISMO GT-R JGTC 2002 | top | PORSCHE 911 GT1 1988 Road Car

comments

# No title
ADかんちゃんさん、初めまして!
カルソニックに目がないAPEXです
僕はこれの旧金型のジャンク品を持ってるんですが、ウィングがおかしいしP-4版を買おうかな…と思ってます
ウィングは旧金型のを見たことないですが、シャープでカッコいいですね!
by: APEX | 2009/11/17 19:17 | URL [編集] | page top↑
# No title
APEXさん、こんばんは、はじめまして!
と言うか、実はAPEXさんのヤフーブログの頃からちょくちょく拝見させて頂いてました。
この度のFC2へのお引っ越しの際にも、もうひと方「APEX」さんがいらっしゃる、というのも読ませて頂いてました(笑)
さて、カルソニックいいですよねえ!
APEXさんのR34 1999モデル欲しいんですけど、もうどこにも無いんですよ。
それにしてもAPEXさんのカルソニックの充実度はサスガです、ボクはアレもコレもカッコ良く思えてしまって・・・。
今後ともよろしくお願いします。
by: ADかんちゃん | 2009/11/18 00:47 | URL [編集] | page top↑
# No title
こんばんは。
いやー、やはりスカイラインには青が映えますね!
ボンネットのダクトやリヤウイングなど、
レジン製ならではのシャープな成型ですねぇ。
03モデルの薄い顔もスポーティで好きですが、
RB時代の強面は大迫力で何とも言えないかっこよさです。
この頃までは、ザナヴィはゼッケン22だったんですね。
今年からまた23番がモチュールとなりましたが、
前年までは22番がモチュールというイメージだったので
時代によるこの辺りの違いもまた、楽しいですね♪
by: HIROKI | 2009/11/18 18:00 | URL [編集] | page top↑
# No title
HIROKIさん、こんばんは!
R32のカルソニックもいいですけどR34もいいですね。
確かにレジンを生かしたキレのあるボディ再現がなされてます。
R33だと、ボディのボリューム感が売りなのでダイキャストでも十分なんでしょうか?レジンで製作されてませんよね。
2002モデルの#22はザナヴィのようです、#23はカストロールモデルみたいです。
過去に戦ったマシン達のその時々の異なる姿を楽しめる、というのもミニカーならでは、スポンサーや何よりクルマそのものの造形の進化も面白いですね。

by: ADかんちゃん | 2009/11/19 01:09 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://adkanchan.blog68.fc2.com/tb.php/153-b7dc98e1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。