スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

Lamborghini JOTA SVR

Lamborghini JOTA SVR
lo 012
Lamborghini JOTA SVR
lo 013
Lamborghini JOTA SVR
lo 014
Lamborghini JOTA SVR
lo 015
Lamborghini JOTA SVR
lo 016
Lamborghini JOTA SVR
lo 019
Lamborghini JOTA SVR
lo 018
Lamborghini JOTA SVR
lo 017

Lamborghini JOTA SVR ブルー&レッド。
ランボルギーニ社が1969年に1台のみ製造したスーパーカー、およびミウラをベースに製作されたレプリカの通称。
ランボルギーニ・モデルでボクが一番好きなマシンはこのイオタです。
この流れるような美しい曲面的フォルムは、まさにスポーツカーのお手本のよう。
ミニカーは京商製の古い金型のモデルですが、細かいところは置いといて概ね良く出来ています。
何よりビッグスケールから手掛けていることや、イオタという車種において直接的なライバル不在というのが京商の強みでしょう。
京商1/43モデルでとかく不要論が取り沙汰されるエンジン部分の開閉ギミックも、このモデルに限っては演出効果ありです。
マッチョなボディアレンジや極太なタイヤのデフォルメも迫力十分です。
スタンダードカラーとも言えるブルーとレッド、最近レッドが再販されましたが金型は以前のままです。
まあ、このモデルは企画の古さゆえ、なんだかユルさというかホッとさせられる温かみのあるモデルってところが存在価値ですかね、決してリアリティ向きではありません。
でも個人的には大変お気に入りなモデルです。








スポンサーサイト
00:07 | kyosho | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Dodge Viper SRT-10 | top | FERRARI F40

comments

# No title
こにちは。(^o^)

イオタカッコイイですね。 あまり43には詳しくないのですが、エンジンルームまで開くんですね~。

43はプラモに比べて、マニアックな車種もたくさん出ていていいですね。
by: キャラハン | 2009/09/09 12:28 | URL [編集] | page top↑
# No title
キャラハンさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

この京商のイオタは精密感はないんですが、なんだかカッコイイんですよ。
エンジンルームの開閉もイオタに関しては納得です。
それにイオタは限定カラー仕様もたくさん出てますよ。

キャラハンさんのプラモスケジュールは技術ともどもすごいですね、ボクも昔は良く作ったものですが・・・今は完成品に頼っちゃってます。
最近はプラモのパーツ精度も上がってますよね。

仕上がり楽しみにしてますよ!!
by: ADかんちゃん | 2009/09/09 23:33 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://adkanchan.blog68.fc2.com/tb.php/117-d460e1b3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。