CASIO PRO TREK WWF LIMITED EDITION

毎日、暑い日が続いてますね~!今年の夏は特に強烈な気がします。
ボクがアイスだったら、もういないでしょう(^_^;
皆さん、くれぐれも熱射病には気を付けましょう!
さて、8月一発目は約15年前に購入したカシオのプロトレックです。
プロトレック自体は1994年に最初のモデルが発売され、現在もG-SHOCKと並びカシオの主力商品として進化を続けています。
写真は「WWF 世界自然保護基金限定モデル」として発売され収益の一部がWWFに寄付されました。
とは言ったもののこれを購入した動機はそんな「商品開発意図を理解した」殊勝なものではなく、それまでのカシオのデジタルウォッチがブラックかダークグリーンのハードなイメージだった中にパールホワイトという新鮮なカラーリングと見ての通りのメカメカしいスタイルに惹かれただけというのが本音です。

prot.jpg

実際、現行のプロトレックに比べるとデザイン面では遥かに個性的でファッショナブルです。
立体的なフォルムは高性能(当時)を想像させるには十分、見るからに「デジタルのカシオ」らしい多機能ウォッチに仕上がってます。
現行モデルはスペックにおいては当時のものとは比較にならないくらいのものですが、良くも悪くもスマートでクセがなく実用性重視の時計になっていて、本来のターゲットと言えばそれまでですが登山等を楽しむ人達に購入者が限られているようです。
確かにこの多機能はそのような環境で使ってナンボのものなので、パールホワイトの美しいボディはプロトレックの元々のコンセプトにはそぐわないものでしょう。
ボクみたいなデザインマニアみたいなのを狙って商品化されたんでしょうからある意味ズバリ!です。
しかし、時代とともに機能・性能が進化すれば、デザインは洗練という名のもとに平凡化していく典型のような時計ですね。
そういったことを考えるとこのパールホワイトのプロトレックはデザインにおいては名作です。
スポンサーサイト
06:30 | 腕時計 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑