アウディ R8 GT

いまやドイツ車の中でも絶好調のアウディ。
街中でも、しょっちゅうあのエンブレム見かけます^^

確かにデザインいいですもん、大きく口を開けたシングルフレーム・グリルでアイデンティティ主張してます。

あと各メーカーさんのどの車を見ても思うんですがヘッドライトの中にプレートみたいなものをアクセントで配置するのが流行りなのか?やたら見かけますが、あれアウディあたりが最初にやり始めたような気がするんですが・・・。

レクサスも「強烈なデザイン」をスピンドル・グリルという形で表現してきましたね・・・。
世間では散々叩かれているようですが、ボクはそんなに悪いとは思わないんですがね〜。

さてさて、本日はそのアウディのスーパーカーR8 GTを、これまたお気に入りのミニカーメーカー「シュコー」のモデルでご紹介致します♪

R8 GT スズカグレー/サモアオレンジ
r84.jpg
R8 GT スズカグレー/サモアオレンジ
r82.jpg
R8 GT スズカグレー/サモアオレンジ
r83.jpg
R8 GT スズカグレー/サモアオレンジ
r81.jpg

フォルムの美しさとクールなカラーリング、見事な組み合わせです^^

R8の2013年型はヘッドライトのイメージに手を入れてきましたが・・・新旧どっちもカッコイイですね♪
ミニカーの仕上げもグッド、シュコーらしく大変に丁寧に作られています。

最近はミニチャンプスの影が薄くなったような・・・シュコーいいなあ〜。



スポンサーサイト
19:40 | Schuco | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

PORSCHE Cayman S

PORSCHE Cayman S & 911 GT3 RS
P3974.jpg
PORSCHE Cayman S & 911 GT3 RS
P3975a.jpg
PORSCHE Cayman
P3977.jpg
PORSCHE Cayman
P3978.jpg
PORSCHE Cayman
P3980.jpg
PORSCHE Cayman
P3981.jpg
PORSCHE Cayman
P3983.jpg
PORSCHE Cayman S & 911 GT3 RS
P3985.jpg

PORSCHE Cayman Sのエントリーです。
ケイマンはポルシェ・ボクスターのクーペ・ラインナップにおけるエントリーモデルとしての位置付けだそうです。
このケイマンという車名の由来は、カリブ海のケイマン諸島に生息するワニの「アリゲーター」からもってきたらしい。
デビューは2005年9月のフランクフルトショーにて、ボクスターのエンジンをベースに3.4Lまでボアアップし、3387cc 水平対向6気筒エンジンをミッドシップで搭載。
可愛いリアスポイラーは120km/hを超えると可動し、80km/h以下になると自動的に収納されます。
さてさて、ミニカーは初登場のシュコー製モデルです。
「シュコーはポルシェに強い」という話はよく聞いていたんですが・・・なるほどホントでした、大変丁寧な作りでケイマンを再現してます(^_^)
隣のオートアート製911 GT3 RSと比べるとケイマンの軽やかなボディデザインがより分かりやすいんじゃないでしょうか。
両車のカラーリングも同じオレンジですが、シュコーの方が少し薄い柔らかいオレンジ色で何となく上品に見えてきます。
それでいて足回りのブラックがシルエットを引き締め「ポルシェらしさ」を演出、大変カッコイイ仕上がりですね。
ヘッドおよびテールライトは言うに及ばず、オートアートでは塗りで処理されているサイドマーカーもしっかりクリアパーツを使用しており手抜かりなし、ボディの塗装も美しい良く出来たモデルです(^o^)v
ただ、唯一のマイナスポイントは台形型のパッケージ!こんなところは凝らなくても結構、紙も薄いので取り扱いがしづらくって仕方ありません(>_<)
箱ではありませんが、そもそもミニカーの台座の規格ってナゼ統一してくれないんでしょうね?ネーム表記のスタイル等は各メーカーの個性でも構わないんですが台座サイズが揃ってるとレイアウトがしやすくって便利だと思うんですが・・・。
ま、それはさておきシュコーのポルシェはホントにグッドでした(^_^)v
00:11 | Schuco | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑