かつてのリビングの王者・ステレオ

梅雨の晴れ間、今日は蒸し暑い一日でした。
さて本日は、1980年に購入した記念すべき初のステレオ・コンポーネント。

YAMAHA A-5
a-5.jpg

YAMAHA T-5
t-5.jpg

当時いろんなメーカーのカタログや試聴を繰り返し悩んだ末に辿り着いたのがヤマハでした。
選んだ理由は音はもちろんですが、やっぱりデザイン。

約35年ほど前のデザインとは思えない洗練度、美しいということと何とも言えない品がある。

独特のスウィッチを勝手に『寒天ボタン』と呼んでいたのですが、アクリルかプラスティックか分かりませんが、やわらかく光るプッシュ式スウィッチ類が特徴的で、パネルレイアウトも抜群のセンスでした。

当時の価格は、プリメインアンプのA-5は49,800円、チューナーのT-5は32,000円。
ヤマハらしいナチュラルな音作りで聴き疲れのしない優しいサウンドでした。

今や、単品コンポーネント市場は縮小の一途、国内メーカーは悉く撤退。
特にスピーカーは海外モデルばかりで、かつてのダイヤトーンやJVC、コーラルといったスピーカーの名門も今は姿を消し、売り場は高級な海外メーカー品で埋め尽くされています。

1970年〜1980年代には、ローディ(日立)、オーレックス(東芝)、オプトニカ(シャープ)、オットー(三洋)、サンスイ、アイワ、ダイヤトーン、A&D(三菱電機と赤井電機連合)、トリオ(ケンウッド)、JVC、ナカミチなどなど、日本が誇ったオーディオ・ブランドたちですが、すべて撤退もしくは倒産。

他のメーカーも殆どがピュア・オーディオではなくAVコンポ色の方が強く、ただただ寂しいかぎり。
ソニーがハイレゾのウォークマンを登場させるなど、音楽を聴く装置は携帯スタイルに移行しリビングの王者だったステレオは一部のマニアだけの贅沢品になってしまいました。

何とか現在も頑張っているソニー、エソテリック(ティアック)、オンキョー、アキュフェーズ、パイオニア、デノン、ラックスマン、ヤマハなどには今後もフルサイズのピュア・オーディオを追求し続けてもらいたいものです。
スポンサーサイト
20:45 | オーディオ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

CORAL DX-THREE / II

CORAL DX-THREE/II
dx-three_ii.jpg

暑い!暑過ぎる!!あ〜、33度だと(^ ^; でも節電節電、エアコンは我慢!!

さて、久方ぶりのオーディオでもいってみましょう♪

随分以前、大学時代に購入し、いまだに現役バリバリの我が家のメインスピーカー「コーラルDX-THREE/II」です。
当時の価格は1本32,000円でしたが「音は100,000円クラス」とも評されたハイCP機。

見た目もヤマハNS-1000Xあたりに似たルックスでした。

スピーカーユニット専業メーカーだからこそ出来たユニット構成でしょう、スコーカーはまさに100,000円クラス、ウーファーも大口径26センチとコスト度外視の作りでした。

音もお見事、期待に違わぬものでパンチの効いた低域からシャープな高域まで完璧に鳴らします。
今は残念ながらコーラルブランド自体が無くなってしまいましたが、素晴らしいスピーカーを数多く世に送り出した名門スピーカーメーカーでした。

オーディオ・メーカーも海外勢に押され国産メーカーはことごとく撤退、残念です(>_<)

17:05 | オーディオ | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

SANSUI AU-α907i

SANSUI AU-α907i
au-alpha907i.jpg

かれこれ25年ほど前に実家にて購入、現在も現役で頑張っているアンプ、サンスイAU-α907iです。
このAU-αシリーズからフロントパネル・デザインを、従来のステンレス削り出しヘアライン仕上げから一新、上面2/3をピアノのような響板仕上げに変更、イメージチェンジを図ってきました。
個人的には、何となく安っぽくなったような印象を受けたのですが・・・。
さて、音に関してですが、さすが907といったところです。
現在使用中の607MRは申し分ないサウンド再現ですが、もう一枚上を行く深み、温かみのある音を奏でます。
どんなスピーカーもうまくコントロールしてしまうアンプで、原音再生型のダイヤトーンDS1000HRもソフト方向へ誘導し聴き疲れしません。
このころ、すでにサンスイのアンプは完成していた感があるのですが・・・どこまで行ったら究極のアンプにたどり着くのでしょう。

01:22 | オーディオ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

SANSUI AU-α607MR

SANSUI AU-α607MR
au-alpha607mr.jpg

YAMAHA AX-900の後を引き継ぎ、15年前から我が家のオーディオの心臓部として活躍している「かつてのアンプの名門中の名門サンスイ」AU-α607MR。
「アンプのサンスイ」と言われるほどオーディオマニアから圧倒的な支持を受けていたメーカーですが、今はもうメンテナンス部門を残すのみ、本当に寂しいかぎりです。音質はスケール、深み、低域の量感、高域の伸び等、どれをとっても一級品。
そのコストパフォーマンスは抜群です。
現在プリアンプ部を介さず、最短のパワーダイレクト接続で再生しています。
最近はAVアンプばかりでピュアオーディオは衰退の一途ですが、本来はこういう「本物の音」を再現できる技術を持ったメーカーに頑張って欲しかった。
我が家の607はまだまだ元気に美しいサウンドを響かせていますが、次に購入する時にも「ピュアオーディオ・アンプ」を選択するつもりです。
00:52 | オーディオ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

YAMAHA AX-900

YAMAHA AX-900
ax-900.jpg

ヤマハA-5の後継機として大学時代に購入したプリメインアンプ AX-900。
当時、アンプは798戦争と呼ばれる79,800円の価格帯が各メーカーの主力が集中する激戦区となっていました。
ゆえに、どのメーカーもハイCP機揃いで魅力的なモデルばかり。
このヤマハAX-900も本体重量20kg、最大出力150w+150wというハイパワーを生み出す強力電源、プリ部とパワー部を完全分離し対振動設計のGTトランスや極太OFC給電ケーブルを採用するなど贅沢なパーツを惜しげもなく使用した超弩級アンプでした。
音質的には、それまでのヤマハサウンドより低域のスピード感パンチ力が増し、高域の伸びも良い元気な音作りになっていたように思います。
結果として、この頃のシステム構成はアンプ・ヤマハAX-900、CDプレーヤー・ケンウッドDP-990D、スピーカー・コーラルDX-THREE/II、すべてがパワフルな音作りの集合体で、ロック系の音楽に最適な組み合わせとなっていました。
まあ、毎日好きな浜田省吾のロック、バラードを気持ち良く鳴らしていましたね。
しかし安っぽいドンシャリ系の音ではなく、音像定位のしっかりした厚み深みのあるサウンドはさすが「ステレオ誌のベスト・バイ・コンポ」に選ばれただけありました。
外観も重戦車を思わせる堂々たるデザインで今見てもカッコイイものです。

01:32 | オーディオ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑